このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
socialnews

労働安全衛生法の目的とは?わかりやすく簡単に解説!

socialnews

「労働安全衛生法の目的は何?」

労働安全衛生法に触れる度に、そのような疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では労働安全衛生法の目的について特集します。できる限りわかりやすく簡単にご紹介していきます。ぜひご参考ください!

労働安全衛生法の目的

労働安全衛生法は、労働者の安全と衛生についての基準を定めた法律です。

労働安全衛生法では、その目的について次のように定められています。

労働安全衛生法 法1条

労働安全衛生法は、労働基準法と相まつて、労働災害の防止のための危害防止基準の確立責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする。

労働安全衛生法の目的とは、職場における労働者の安全と健康を確保するとともに快適な職場環境の形成を促進することです。

そのために労働安全衛生法では、「労働災害の防止のための危害防止基準の確立」、「責任体制の明確化」、「自主的活動の促進の措置」の3つの具体的取り組みが規定されています。

「労働災害の防止のための危害防止基準の確立」、「責任体制の明確化」、「自主的活動の促進の措置」、この3つの取り組みを行うことで職場における労働者の安全を図り、労働者の健康を確保すること。そして労働者に対して快適な職場環境を提供すること。

これが労働安全衛生法の目的となります。