このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
socialnews

ダイナミックプライシングとは?わかりやすく簡単に解説!価格設定の仕組みがわかる!

socialnews

 こんにちは。Arata(アラタ)です。 当ブログ「ソーシャルニュース」をお読みいただきありがとうございます。

 この記事では、AIの台頭で注目を集める価格設定「ダイナミックプライシング」をわかりやすく簡単に解説します。ぜひご参考下さい。

ダイナミックプライシングとは

 ダイナミックプライシングとは、消費者の需要と供給に応じて商品やサービスの価格を変動させることです。

 消費者の需要が多い時期や曜日、時間帯に商品やサービスの価格を高くする一方、少ない時期や曜日、時間帯に価格を低くすることで、供給者側(売り手側)で需要を調整して売上・利益をコントロールすることができます。このダイナミックプライシングは売り手側だけにメリットがあるわけではく、消費者側にとっても価格の安い時期を狙って商品やサービスを購入できるメリットがあります。

ダイナミックプライシングの事例

 ダイナミックプライシングを活用した価格設定の代表事例としては、ホテルの宿泊料金や航空運賃があげられます。このホテルの宿泊料金や航空運賃はお盆・年末年始などの繁忙期では価格が高く、平日といった閑散期では価格が安く設定されます。

 ホテルの宿泊料金や航空運賃で始めったダイナミックプライシングですが、近年多様なサービスに広がりつつあります。

AIの台頭によるダイナミックプライシングの普及

 近年ダイナミックプライシングが広がりをみせる理由は、AI(人工知能)の進化により、消費者の需要予測とそれに合わせた価格設定の精度上がってきているためです。

 AIは多くの情報を検索・収集したり、ビッグデータを基に分析することが得意です。さらにディープラーニング(深層学習)によって経験を積むほど精度が高まるため、このダイナミックプライシングの仕組みと相性がよいです。天候や地域間消費志向の違い、競合データなど多くのデータ(ビッグデータ)をAIが分析することで、ダイナミックプライシングが効果的に機能することが期待できます。

ダイナミックプライシングの今後の展望

 私たちの身近でダイナミックプライシングの最も大きな話題としてあげられるのが、コンビニの全商品に電子タグをつける取り組みです。この取り組みは2025年までに実施されます。

 コンビニに電子タグが導入されることにより、販売実績や商品の在庫情報・消費期限をふまえた価格設定「ダイナミックプライシング」が導入されることが予想されます。この取り組みによって小売業でのダイナミックプライシングが進むでしょうし、他業界への普及も加速していきそうです。

 

 以上、この記事ではAIの台頭で注目を集める価格設定「ダイナミックプライシング」についてご紹介しました。

 ご紹介した内容が少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!