このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
date

データ安全法(データセキュリティー法)とは?中国のデータ規制をわかりやすく簡単に解説!

date

 こんにちは。Arata(アラタ)です。 当ブログ「ソーシャルニュース」をお読みいただきありがとうございます。

 この記事では中国のデータ規制「データ安全法(データセキュリティー法)」をわかりやすく簡単に解説します。ぜひご参考下さい。

データ安全法(データセキュリティー法)とは

 中国で制定される新法「データ安全法(データセキュリティー法)」とは、政府や企業が扱うデータの管理を厳しくするデータ規制の新法で、データの改ざんや不正利用によって中国の国家安全保障を損ねると判断されれば罰則を科すこともできる法律です。

 このデータ安全法(データセキュリティー法)は、中国のデータの取り扱いにかかわる初めての包括的な法律とされます。中国のデータ規制の強化を目指した法律です。

 中国のデータ規制においては、2017年にインターネット安全法(サイバーセキュリティー法)が施行され、今回データ安全法(データセキュリティー法)が、将来的には個人情報保護法の法律の制定、施行が予定されています。

データ安全法(データセキュリティー法)の詳細

 データ安全法(データセキュリティー法)の目的は「中国のデータの安全を保障し、国家主権と安全を守ること」、「データに関する統治体形を確立すること」です。

 データに関する統治体形を確立するための具体的内容としては、データの改ざんや漏洩、不正利用などが発生した場合の損害に応じて、中国政府がデータを国家安全保障の観点から審査を行いランク付けすることなどがあげられます。その結果、国家安全保障に損害を与えたと中国政府が判断した場合、処罰する罰則規定が設けられています。

 またデータ安全法(データセキュリティー法)では、中国に対して差別的な措置を取った国に対して対抗措置を取れる規定を設けています。この規定は激化する米中の対立を意識して設けられた規定といえます。

 データ安全法(データセキュリティー法)の適用範囲は中国域内の全てのデータに適用され、中国域外の組織や個人についても中国の国家安全保障に損害を与えた場合は責任を追及することができます。

 ただし、現時点でどのようなデータやデータ行動が中国の国家安全保障を損ねると判断されるかは不明です。そのため中国での企業活動は、このデータ安全法(データセキュリティー法)の施行により、さらに政治リスクをともなう経済環境といえるでしょう。

 ビッグデータの活用がビジネスの成功のカギとなりつつある現代の経済活動で、中国のデータ安全法(データセキュリティー法)は経営環境の視点からは大きな脅威といえるかもしれません。

 

 以上、この記事では中国のデータ規制「データ安全法(データセキュリティー法)」についてご紹介しました。

 ご紹介した内容が少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!