このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
socialnews1

労働基準法の法律違反の契約とは|わかりやすく簡単に解説!法13条がわかる

socialnews1

こんにちは。Arata(アラタ)です。 当ブログ「ソーシャルニュース」をお読みいただきありがとうございます。

この記事では「労働基準法の法律違反の契約について特集します。

できる限りわかりやすくご紹介していきますのでぜひご参考下さい。

労働基準法の法律違反の契約

まず初めに労働基準法の法律違反の契約を規定する条文を確認しておきましょう。

法13条
この法律で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については無効とする。この場合において、無効となつた部分は、この法律で定める基準による。

労働基準法では基準に達しない労働条件を定める労働契約はその該当部分について無効となります。無効となった部分については「法律で定める基準による」、つまり無効となった部分を労働基準法の所定の基準で補充することとなります。

労働基準に違反する労働契約については該当部分が無効となるだけでなく、無効となった部分が労働基準法で埋め合わせされることがポイントです。

 

以上、この記事では「労働基準法の法律違反の契約」について特集しました

「労働基準法の法律違反の契約」の理解に少しでもお役に立てれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました!