このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
trade

アイスブレイクとは|意味をわかりやすく簡単に解説!【ビジネス用語】

trade
 

こんにちは!

この記事では、ビジネス用語「アイスブレイク」をわかりやすく解説します。
ぜひ、ご参考下さい!

アイスブレイクとは!?その意味について

アイスブレイクとは、ビジネスにおいて初対面となる人同士が、初対面特有の緊張をほぐすために使われる手法のことを意味します。アイスブレイクを行うことで、緊張した関係性をほぐして和ませ、お互いにコミュニケーションを取りやすい雰囲気を作ることを目的としています。

「アイスブレイク」という用語自体は、参加者の不安や緊張を氷にたとえ、その「硬い氷をこわす、溶かす」という意味を持っています。

アイスブレイクの背景と利用シーン

例えば、会社の業務の一環で参加した外部の研修会をイメージしてください。研修会に参加しているメンバーは自分の知らない初対面の人ばかりですよね。このような状況では、よほどコミュニケーション能力に長けている人でない限り、緊張してしまうのが普通だと思います。このような状況で研修会に参加したメンバーの緊張やメンバー間の関係性を築くことを目的にアイスブレイクは行われます。

では、アイスブレイクはどのようにして行われるのでしょうか?

代表的なアイスブレイクの方法としては、「1分程度の自己紹介」や「簡単なゲームの実施」などがあげられます。先ほどご紹介した研修会で例えるなら、「同じテーブルに同席したメンバー間での自己紹介を行って場を和ます」、「自己紹介の延長線上として、同席したメンバーの他己紹介ゲームを行って関係性を築く」。このようなイメージです。

こういった手法でアイスブレイクを行うことにより、初対面同士のお互いの緊張が緩和され、その後のビジネスにおける打合せや交渉が円滑に行われる効果が得られます。

セミナーや会議においては、そもそも参加者にとっては非日常の緊張しがちな場です。そのため、アイスブレイクは必須です。このアイスブレイクを取り入れることで、参加者の緊張を解きほぐし、セミナーや会議に積極的に参加してもらうことができるようになります。

またアイスブレイクは、必ずしもセミナーや会議の時だけに使えるものではありません。社内でプレゼンを行う時、もしくは商談のときに使うことで、上司や同僚、顧客の心をときほぐし、肯定的に話を聞いてもらうことができます。