このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
trade

AEOとは!?貿易用語をわかりやすく解説|意味や目的がわかる!

trade

貿易用語の一つである「AEO」という言葉!

「略称というのは分かるけど、何の略称か分からない」
「AEOは貿易用語というのは知っているけど、その意味がいまひとつ分からない」
「AEOの目的って、なに!?」

などの疑問が湧いてきます。

そこでこの記事では、貿易用語「AEO」の意味や目的についてわかりやすく解説します!ぜひ、ご参考ください!

AEOとは何か

AEOとは、英語でいうと、Authorized Economic Operatorを指します。

Authorized Economic Operator」のそれぞれの頭文字を取ってAEOというんですね。

AEOの意味

ではこのAEOですが、どのような意味なのでしょうか?

AEOとは、貿易を行う上で貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された企業に対して、税関手続を緩和したり、簡素化するなどの優遇措置を与える制度です。そして、対象となる企業をAEOと呼びます。

このAEOですが、日本においては「認定事業者」ともよばれます。過去遡って、一定期間に企業として法律違反がないことや適正に業務を行えること、法令遵守に対する社内体制の整備が整っていることなどが承認の要件とされています。

AEOの目的

ここからは、AEOの目的についてご紹介します。

まずAEOの背景には、近年の通関手続きの厳格化があげられます。2001年に起こったアメリカ同時多発テロなど、近年はテロ対策が重要となっており、そのため各国の通関手続も厳しくなっています。

しかし、それでは国際物流で手間と時間がかかり、円滑の国際取引が難しくなります。そのため、 AEO制度設けて国際物流の安全性を損なわずに効率的に通関手続を行えるようにしているわけです。

実際にAEOになると、国際物流において貨物検査の回数が減り、輸出入に要する日数を短縮できます。

このような背景から、AEOについては、近年、国際的に導入の動きが広がっています。

【まとめ】AEOの意味と目的、具体的活動

最後に、今回特集した「AEO」についてまとめます。

【AEO まとめ】

  • AEOとは、英語「Authorized Economic Operator」を指す。それぞれの頭文字を取った略称。
  • AEOとは、貿易を行う上で貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された企業に対して、税関手続を緩和したり、簡素化するなどの優遇措置を与える制度。そして、対象となる企業をAEOと呼ぶ。
  • AEOの目的は、国際物流の安全性を損なわずに効率的に通関手続を行えるようにすること。

 

以上、この記事では、AEOについて特集しました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!