このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
トレンディ―

ユニバーサルデザインとは!?わかりやすく解説|実践するための7原則がわかる!

トレンディ―
トレンディ―

この記事では、ユニバーサルデザインについて、その言葉の意味、実践するための7原則、具体的事例についてご紹介します。



ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは、「ユニバーサル」=「普遍的な、汎用・万人向け」に対するデザインをさし、「すべての人のためのデザイン」を意味する言葉です。

具体的には、文化・言語・国籍や年齢・性別などの違い、障害の有無や能力差などにかかわらず、できるだけ多くの人にわかりやすく、利用できることを目指した建築(設備)・製品・情報などの設計(デザイン)のことです。

ユニバーサルデザイン自体の考え方は、1980年代にアメリカのノースカロライナ州立大学のデザインを研究していたロナルド・メイス教授によって提唱されています。

教授の息子が障害を持っており、当時主流であった「障害者のための設計・対応」であるバリアフリーに違和感を持ち、すべての人に壁(バリア)を生み出さないデザインの手法を考案したいとの考えからユニバーサルデザインが生まれたといわれています。


しかし日本では「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」がしばしば混同されていたり、同一化されており、ロナルド・メイス教授の考えが正しく伝わっている状況とはいえません。

ユニバーサルデザインの7原則

ユニバーサルデザインを提唱したロナルド・メイス教授は、そのデザインを実践するための方法として7つの原則を示しました。

この7つの原則を満たすデザインが、「すべての人のためのデザイン」へと繋がると教授は言います。その原則について、順にみていきましょう!


原則1:誰であろうと公平に使えること(公平性)

使う人がだれであろうと、公平に操作できることが大事です。

できるかぎり、すべての人が、いつでもどこでも、同じように使いこなすことができるようにデザインします。


原則2:使う上での自由度が高いこと(自由度)

使用するときの自由度が高いことが重要です。

例えば、右ききの人でも、左ききの人でも、思いどおりに使えるようなものが好ましいでしょう。


原則3:使い方が簡単でわかりやすいこと(簡単)

使い方がとっても簡単であることはよいことです。

ひと目見ただけでも、すぐに使い方が理解できるわかりやすい作りにしましょう。


原則4:必要な情報がすぐに理解できること(明確性)

わかりやすい情報で理解しやすいことが求められます。

使う人の知りたいことを、わかりやすく丁寧に説明しましょう。


原則5:安全性が確保されていること(安全性)

使うときに安全、安心であることは必須です。

うっかりミスで、まちがった使用をしても、できるかぎり危険につながらないようにしましょう。


原則6:身体への過度な負担を必要とせず少ない力でも使えること(持続性)

使用中からだへの負担が少ない、少ない力でも使用ができることは重要です。

長い時間使っても、どんなかっこうで使用しても、疲れにくいデザインを考えましょう。


原則7:使いやすい十分な大きさと空間が確保されていること(空間性)

だれにでも使える大きさ、広さがあることが必要です。

使う人の大きさや、姿勢、動きに関係なく、ラクに使いこなすことができるものにしましょう。



ユニバーサルデザインの具体的事例

ここでは、ユニバーサルデザインの理解を深めるために具体的事例をご紹介します。


① 絵文字(ピクトグラム)による視覚的・直感的な情報伝達。

② 車イス利用者でも、健常者でも、誰もが心地よく、余裕を持って通過することのできる幅の広い改札。

③ 障害者向けに計画されたが、多くの人が心地よいと感じたために普及したシャワートイレ。

④ 緩やかな傾斜でデザインされた身体的負担の少ないスロープ。

⑤ ユーザーが自由に選択できる、多様な入力および出力装置(キーボード、マウス、トラックパッド、ジェスチャー、音声など)。

⑥ 視認性やユーザーの感情に与える効果に配慮した配色計画。

⑦ マニュアルを熟読することなく、直感的に使い方をアフォードできる製品のデザイン。

⑧ 頭を洗っているときは目が見えないので、シャンプーのボトルに印をつけ、リンスやその他のボトルと区別する。

引用:Wikipedia

【まとめ】ユニバーサルデザインの言葉の意味、実践するための7原則、具体的事例

最後に今回特集した「ユニバーサルデザイン」についてまとめます。

[st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]ユニバーサルデザインとは、「ユニバーサル」=「普遍的な、汎用・万人向け」に対するデザインをさし、「すべての人のためのデザイン」を意味する言葉。[/st-point] [st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]ユニバーサルデザインの実践には、公平性、自由度、簡単、明確性、安全性、持続性、空間性の7つの原則を取り入れることが重要。[/st-point] [st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]ユニバーサルデザインの具体的事例としては、「絵文字(ピクトグラム)による視覚的・直感的な情報伝達」などがあげられる。[/st-point]

以上、「ユニバーサルデザインとは!?その意味や事例、実践するための7原則について解説!」でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!