このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
ビジネスの知恵

前借金相殺の禁止とは!?労働基準法17条を解説!

ビジネスの知恵

この記事では、労働基準法第17条に記載される「前借金相殺の禁止」についてご紹介します。

ご参考下さい!

前借金相殺の禁止

まず「前借金相殺の禁止」とは、どのような内容なのでしょうか?


前借金相殺の禁止とは、会社(使用者)が従業員(労働者)を雇用する際に、従業員本人やその親などにお金を貸し付け、雇用した後に、貸し付けたお金を従業員の給与(賃金)から控除して返済させる労働契約を禁止することです。


では、なぜお金を貸し付け、給与から控除する労働契約が禁止されているのでしょうか?

その理由は、会社が従業員にお金を貸し付けて働かせることは、お金を返済するまで従業員がその会社を辞めれない状況を作ってしまう可能性が高いからです。

つまり、会社が従業員を足留めすることによる強制労働に繋がるわけです。

そのため、労働基準法第17条で前借金相殺の禁止の規定を設け、会社が従業員にお金を貸し付け、給与から控除する労働契約が禁止されているわけです。


なお、この規定が禁止されているのは会社側のみであり、従業員が自分の意思により、会社から貸りた借金と賃金を相殺することは禁止されていません。

その他、介護休業傷病期間中などに会社が従業員負担の社会保険料の立て替えを行い、復職後に給与から控除することは、高金利が付与されている場合もしくは従業員の労働を強制することを条件としている場合を除き、「前借金相殺の禁止」には該当しないとされています。

<参考>労働基準法第17条 条文

ここで、参考として労働基準法第17条の条文をご紹介します。

使用者は、前借金その他労働することを条件とする前貸の債権賃金を相殺してはならない。

引用:労働基準法  第17条 前借金相殺の禁止

前借金相殺の禁止 まとめ

最後に今回特集した「前借金相殺の禁止」のポイントについてご紹介します!

「前借金相殺の禁止」 ポイント!

〇  会社(使用者)が従業員(労働者)を雇用する際に、従業員本人やその親などにお金を貸し付け、雇用した後に、貸し付けたお金を従業員の給与(賃金)から控除して返済させる労働契約は禁止されている。

〇 「前借金相殺の禁止」の規定が禁止されているのは会社側のみであり、従業員が自分の意思により、会社から貸りた借金と賃金を相殺することは禁止されていない。


以上、『前借金相殺の禁止とは!?労働基準法17条を解説! 』でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。