このサイトは、ビジネスや社会保障など社会全般に関する情報をブログとして発信しています!
スタンダール

嫌われることを恐れない名言・格言/スタンダール、ゲーテ、デル

スタンダール

今回は人間関係において嫌われることを恐れない名言・格言を特集します。

内容は名言・格言の紹介と名言・格言を残した偉人の生涯についてまとめます。

「人間関係に悩む、改善したい」その時に心に響く言葉です!

広く好かれれば好かれるほど、深く好かれないものだ。
─スタンダール

スタンダール

スタンダールの生涯

フランスの作家。グルノーブル生れ。

青年時代はナポレオン軍に入ってヨーロッパを転戦、イタリアのミラノに感激する。1814年ナポレオンの失脚とともに職を離れ、ミラノに住んで「イタリア絵画史」を書くが、革命思想を疑われて1821年パリに帰り、体験をもとに心理分析的な「恋愛論」を発表する。

1827年に最初の小説「アルマンス」、続いて1830年に「赤と黒」を発表するがあまり認められず、社会小説としての評価が高まったのは半世紀後だった。

七月革命後は領事としてイタリアに駐在し、自伝「エゴティスムの回想」「アンリ・ブリュラール伝」、小説「リュシアン・ルーベン」や「パルムの僧院」を書くが、1842年休暇でパリに帰ったとき急死した。

墓碑銘「生きた、書いた、愛した」は有名。

啓蒙思想の影響を受け、人生の幸福を追求、これを妨げる反動的社会を攻撃し、リアリズムの先駆といわれる。

卑怯者は、安全な時だけ居丈高になる。
─ゲーテ

ゲーテ

ゲーテの生涯

ドイツの詩人・作家。

「若きウェルテルの悩み」などで、シュトゥルム-ウント-ドラング(疾風怒濤どとう)運動の旗手として活躍した。

10年間、ワイマール公国で政務を担当。のちイタリア旅行の体験などを通じて、シラーとともにドイツ古典主義を完成。

また、自然科学の領域でも業績をあげた。

戯曲「ファウスト」「エグモント」、叙事詩「ヘルマンとドロテーア」、小説「ウィルヘルム-マイスター」、自伝「詩と真実」、自然科学論集「色彩論」などを後世に残している。

あら探しの好きな方、わがままな方、やっかいな質問をする方に申し上げます。ありがとうございます。
─マイケル・デル

マイケル・デル

マイケル・デルの生涯

1973年8歳で高校入試検定に合格。

大学在学中から中古パソコンを通信販売するビジネスを始め、1984年5月デル・コンピュータ(現・デルInc.)を設立。1984年〜2004年会長・CEO(最高経営責任者)、2004年から会長、2007年1月からCEOに復帰。

直販方式によるパソコンの安売りで売上を伸ばし、単なる販売からIBM-PC互換機の設計・製造、販売、サポートまでを一貫して行う米国最大手のパソコンメーカーの一つに成長させた。

最後に

以上、「嫌われることを恐れない名言・格言」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

<参考元>
Wikipedia
コトバンク
明日が変わる 座右の言葉全集(青春出版社)